FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源ユニット特集! 全17種

COOL!PSU

前回の記事で電源交換を検討するということで、良さげな電源をいろいろと探してみました。

ZIPPYやSeasonic、KEIAN?など優秀な電源もありますが、筐体がシンプル過ぎるので却下の方向で、どうせなら電源もお洒落したいなと・・・

国内と海外で販売されている電源も含み、基本的に光物中心で見た目重視なところが大いにありますが、もちろん性能も考慮してます。

国内だとAC入力が100Vに設定可能な電源じゃないと安定動作しませんし、海外は115V~が基本です。輸入物で国内販売されている場合の大半は100Vに対応しているので問題ないですが、中には未対応モデルもあるので注意が必要です。


Sycthe KAMARIKI2 550W


コイツは今使っている電源です。
比較的安い部類の電源で、当時12000円くらいで販売されていて現在は生産中止モデルです。後継の鎌力3や剛力なんかより作りは全然良いです。

現状のPC構成でも安定動作しているので今すぐ交換する必要性はないですが、今後のアップグレードでスペック不足になる可能性が咎めないので参考までに調査しました。

私の電源選びの基準は下記のとおり。


・定格出力(W)
・+12V +5V(A/W)
・100V対応
・PFC回路
・ケーブル形態
・静音性
・見た目の格好良さ


定格出力は各々のPC構成で決めれば良いし、+12v+5の系統やアンペア数も重要。PCI-Eの8pinが今後の主流となるであろうけど、変換コネクタで対応できるし特に問題ない。

100V対応やPFC回路はこれから新規購入するなら欲しいし、静音PCを目指しているなら低回転で風量を多く確保できる12cm静音FANが搭載されているものがお勧め。もちろん搭載FANのノイズ(db)確認もしておくべきでしょう。

ケーブルは着脱式の方がエアフロー効率は良いでしょうし、どうせ数万円出して購入するなら、見た目も重視しようじゃないか!

まっ独断と偏見で適当に羅列しましたがこんなところかな。
550W~1200Wまで幅広く調査し見つけたものがコチラ↓


APEVIA Iceberg 680W


私のケースと同じ会社の電源です。価格は15,000円くらい。
最近知ったのですが社名がASPIREからAPEVIAに変更したそうです。




カラフルなデザインで青/オレンジ/緑の3色から選べます。右下の写真が電源内部の平面図です。前方吸気の後方排気で、8cmFANのノイズ音がどの程度か気になりますが作りはしっかりしてます。

筐体の半分はアクリル板で中が丸見えですので、埃とか汚れ具合がわかっていいかも。因みに写真はイメージではなく実写です。




こんな風にLEDを青/オレンジ/緑に切り替えできるスイッチが搭載しています。遊び心があっていいですね。



暗闇でのイメージ。
残念ながら海外限定モデルなので115Vしか対応してません。


APEVIA Quartz 650W


こちらも同社の電源でLCD搭載モデルです。
もちろん海外限定品(115V)で価格は20,000円くらい。
12cmFANで吸気しチップセットサイズのFAN2台で排気という構成。


KOOLANCE 1200W


最近発売されたKOOLANCEの水没電源です。
国内モデルもあり100Vに対応し、価格は80,000円くらい。




電源内部が導電性のない冷却液で浸っていることから通称「水没電源」と呼ばれています。発想は至って単純で冷却液を後部のラジエターで冷やし電源基盤ごと冷却するという仕組み。

冷却性能はピカイチでしょうけど価格が鬼です。
12cmFANの音や冷却液のメンテナンス性など気になるところです。


KINGWIN ABT-800MA1S 800W



KINGWIN社製の800W電源です。海外品(115W)で価格は30,000円くらい。
コネクタ部に少々空間がいるので電源周りに余裕のあるケースが必要。




ケーブルは着脱式でロック付のモジュラータイプになります。
12cm吸気FANと8cm排気FANが搭載されています。


KINGWIN ABT-600CW 600W


こちらも同社の600W電源で廉価版になり、価格は14,000円くらい。
存在感のある電源なので見せる系のケースには最適です。




ケーブルは着脱式ですがコネクタ形状は廉価版なので通常タイプです。
6cmFAN前方吸気で8cmFANの後方排気タイプなので、一般的な冷却能力かと思いますが静音性は微妙かもしれない。


High Performance Group HPU-4B580 580W




英国にあるHigh Performance Group社の580W電源です。
価格は18,000円くらい。ラグジュアリーな感じで高級感があっていい感じ。
コネクタはプラグ式脱着タイプで、日本仕様で100V対応もあります。

エアフローは12cmFANで吸気し、8cmFANで排気する構造。
筐体全体がアルミメッシュを採用しており、通気性も抜群です。


Ultra X2 Titanium UV 550W


Ultra社の550W電源で海外(115V)のみのモデルになります。
筐体の材質はわかりませんが、ミラー加工がされていてスタイリッシュなデザインに仕上がっています。価格は13,000円くらいで、エアフローは12cmFANのみなので静音性は高いでしょう。

空冷タイプの電源全般に言えることですが、ケース内の防塵対策をきちんとしていないと電源が埃まみれになりますので注意しましょう。


Logisys Computer PS550AC 550W


Logisys Computer社の550W透明電源です。価格は12,000円くらい。
筐体全体がアクリル板で覆われており、LED効果が大いに発揮されること間違いない。ただアクリル板なので傷つき易いので取付には注意されたい。

あとアルミや金属製筐体に比べ放熱性が低いので、エアフローをきちんとして8cmFAN二つで効率よく冷却できるようにしておこう。国内用として100V対応モデルが販売されています。


XG Extreme Gamer Vortec II 500W/600W


XG Extreme Gamer社の製品で黒が600W・青が500Wモデルです。
国内では販売されてなく115Vのみとなっています。

Gamer仕様として販売されているだけあって、インパクトのあるデザインに仕上がっています。後部にFANコンが付いてます。


AeroCool AeroPower II+ UV 550W


FAN製品で有名なAeroCool社の550Wモデルです。価格は12,000円くらい。
発売時期が2004年と結構古いモデルなんですが、作りはしっかりしていて当時は異色の電源として注目を浴びていたのを覚えている。

国内では数量限定で販売されたようだ。


Zalman ZM600-HP 600W


ヒートシンクでお馴染みのZalman社製600W電源です。価格は17,000円也。大型ヒートシンクを搭載したりと自社の特徴を電源にも採用しており、12cmFANで効率よく冷却できるよう設計されている。



SLI対応、PFC回路、ケーブル半分を着脱式にしたりと新しい規格の電源で、もちろん国内でも発売中です。見た目はシンプルだが設計もしっかりしており、信頼性の高い電源の一つとして紹介したい。

CoolerMaster RealPower 550W/850W


冷却パーツで有名なCoolerMaster社の電源550Wモデルです。
価格は15,000円くらいで国内でも販売され、現在では生産中止モデルです。アナログ消費電力表示メーターが付属し、3.5inchベイに取り付け可能です。




こちらは同社の新作電源850Wで近々発売が決定されています。特徴としてはAMD R600に採用されているPCI-E 8pinを搭載します。価格もそれなりの設定になると予想されます。詳細は前回の記事を参考ください。

ENERMAX Tesla 550W


老舗PSUメーカーで有名なENERMAX社の550W異色電源です。
国内では販売されてないので見たことないと思いますが、黄色のアクリル板に青LED搭載FANという変わった配色の電源です。




電源の品質には自身ある会社なので特に心配はありませんが、搭載FANにトラブルが多いそうでよくFANが壊れて電源が焦げたとか聞きます。

Thermaltake Toughpower 550W~850W


水冷パーツなどで有名なThermaltake社の電源です。写真は700Wモデルですが550W~850Wまで発売されています。価格は700Wで19,000円くらい。

コネクタも着脱式で電源の品質に関しても申し分ないですが、ここの製品は高負荷時のFAN音が五月蝿いものが多いので注意してください。

筐体は光沢コーティングされていて高級感があってよいです。個人的にはLED搭載タイプも作って欲しいと思ってます。


OCZ PowerStream 600W


OCZ社の600W SLIモデルで国内販売されています。価格は16,000円程度。

この電源の最大の特徴は3系統(+3.3V/+5V/+12V)の電圧が±10%の調整が手動設定できます。大型ヒートシンク採用で放熱性も高く、8cmFAN搭載モデルの中でも静音性に優れている部類になります。


REVOLTEC be Quiet! Straight Power 700W


最後にREVOLTEC社の新作電源を紹介します。国内では販売されていませんが、名のとおり静音電源として海外では人気の商品です。

斬新なデザインでシンプルですが作りはしっかりしています。
価格は700Wモデルが16,000円程度で売られています。


※すべての標記価格は独自に調査したものですので、参考程度に考えて欲しいです。価格は常に変動しますので各自で確認してください。

まだまだ紹介したい電源は数多くあるんですが、長くなったので次回ということで・・・アクセサリを少し紹介します。

結局のところ国内で販売されているモデルで、自分が欲しいと思った電源は今のところ特にないです。買うならば700W~850Wモデルを考えていますが、様子見の状態ですね。



これご存知ですか?
こちらはアクリル板をUV加工した電源カバーのアクセサリーです。
交換するだけでイメチェンできるので海外では人気商品とのこと。



こういうフレーム付タイプもあるようです。これらの製品は搭載FANに応じて8cm/9cm/12cmのように穴のサイズも選べるので、どのタイプの電源でも合うように品揃えも充実しています。

あなたの電源もお洒落してはどうですか!?



ランキング参加してますので良かったらクリックしてね!
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://murder.blog15.fc2.com/tb.php/239-0dc73fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
*Viewing
Top Page
Profile

MURDER

  • Author:MURDER

Calendar

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

All View
List Box

New Entries & Comment

RSS
Search

BlogRanking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。