スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zalman VF1000LED/ZM-RHS88

Zalman VF1000LED

暑いですねぇ。今日は午前中に野外教室の講師でダム見学と川釣りをしてきました。

こちらは北国ですが外は25度くらいです。天気のいい日は30度ちかくなる日もあります。夜はまだ寒く10度以上は下がります。

北国の人間は寒さには強いが暑さにはめっぽう弱い。
私の許容温度は25度付近で、それ以上超えると眠気が差してきます。

さて、8800GTX/Ultra用のVGAクーラーが近々発売されるとのこと。
以前にThermalright HR-03 PLUSを紹介しましたが、こちらより作りが良さそうです。


Zalman VF1000LED/ZM-RHS88


左がVF1000LEDでクーラー本体になり、右がZM-RHS88でメモリやRAMDACを冷却するためのヒートシンクです。こちらはオプションで別途購入することになります。

本体が55$でオプションが30$で発売予定。
実勢価格は10,500円くらいになりそうです。



元々こちらは単体で発表されていて、前回の記事でも少し触れましたが正直これだけではコアしか冷却されませんし、誰も買いませんよね。

まして8800GTX/Ultraなら標準クーラーよりも劣ると思います。
構造は7900GTXのリファレンスクーラーに類似しています。



それでこちらのヒートシンクが後からオプションという形で追加され、セット販売するようです。
材質は総アルミですがこれがないとお話になりません。というか最初からそうするべきと思う。

でもセットで10,000円は少し高い気もしますが、水冷化していない人には良い商品ですね。

気になる点はHR-03 Plusと比べてもコア部のヒートパイプが2本少ないのと、ヒートシンク部分の面積が小さいのでコアの冷却性能は劣るでしょう。ただし、RAMDACやメモリ類の冷却が効率よくできるので、トータル的にはこちらの方が優れています。あとサイズも標準クーラーとほとんど変わりませんので、容易に装着できるのも良いですね。

私は未だにTide Water CL-W0052に銅シンクと空冷FANを付けて使っていますが、室温25度/OC設定(630/1550/2100)でGTXのコア温度は53度。
夜は室温が15度まで下がるのでコア温度46度くらいまで冷えます。

共にアイドル時の温度ですが、今年の夏はアイスをペロペロ食べながらこれで乗り切れそうですね・・・。

まぁ普通に金欠なんでパーツは何も買えないとも言いますが、つい最近に10年以上使っていたブラウン管TVが逝ってしまい、42型プラズマテレビ VIERA着弾しました。21型TVからの買い替えだったのでサイズは2倍!

HDTVもできるし、最近はPCよりもテレビ画面見ている方が多いですね。

ランキング参加してますので良かったらクリックしてね!
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://murder.blog15.fc2.com/tb.php/250-63915c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
*Viewing
Top Page
Profile

MURDER

  • Author:MURDER

Calendar

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

All View
List Box

New Entries & Comment

RSS
Search

BlogRanking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。