スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC水冷化完成!

WaterCooling3

水冷システムの取り付けが無事に終わり、今のところ不具合もなく順調に稼動しています。騒音の原因だったTideWaterとMACSのペルチェを外したお陰で、非常に静音化されました。

<PC構成>
Intel Core2Duo E6600 3.6Ghz OC(400*9)
ASUS P5B DELUXE(BIOS:1226)
CORSAIR TWIN2X2048-6400 1G*2
MSI 8800GTX OC(630/2030/1575)
WDC WD3200KS*2 RAID0
ENERMAX INFINITI-JC 720W
WindowsXP Pro SP2


<水冷構成>
・Alphacool NexXxoS XP Light Plexi Socket775
・Alphacool NexXxoS NBXS-N Silver Northbridge*2
・Alphacool MB Heattrap RegCooler Asus SLI
・Alphacool OTC-FLAT GF8800GTX
・Laing D-4 BasicComplete G1/4
・HWLabs BlackIce GTS360*2+120mmFan*12
・CoolingLab WaterPlex 25




意外とチューブの接続には苦戦しましたね。エルボを一切使ってませんし、PVCより少し柔いくらいのチューブだったので、急に曲げるとすぐ折れてしまう。スプリング用意して置いて本当に良かったです。これを使えばよほど急な曲がりを付けなければ、まず折れることはないですね。



これはCPUとVRM水枕です。今はE6600を冷やしてますが、E8500に交換する予定。M/BはBios更新で45nmCPUにも対応できるようですし、当面このままでも不自由しないので使っていくつもりです。



ノースブリッジ用の水枕です。同じものをサウスブリッジにも付けていますので、取りあえず熱源はほぼ水冷化していることになります。メモリはOCZの空冷パーツで十分冷えています。



これはVGA水枕です。8800GTX専用なのでコアからメモリを含めて全て冷却可能になりました。TideWaterの時はコアのみ水冷で他はヒートシンクを空冷ファンで直接冷却していたので、ファンを撤去した分も静音化に貢献しています。



写真では見づらいですがポンプです。フロントの3.5inchベイの真下に丁度良い空間があったので、ここに設置しています。写真では吸水側のチューブが写っています。最初にポンプまで冷却水を送らなければ循環しないので、リザーバーとポンプはなるべく離さない方が苦労しません。



リザーバーの写真です。ケース背面に丁度良く通気口があって、固定パーツを簡単にネジ止めできたので、ここに設置することにしました。この場所だとポンプまでの距離も短いですし、水量も確認しやすいと思いました。PCIスロットを塞いでしまってますが、リザーバーは固定パーツにハメ込んであるだけなので使うときはすぐ外せます。ただ120mm背面ファンと干渉したのでファンだけ外側に変更してます。



外部設置している3連ラジエターです。上下に1台ずつ設置しており、上側から吸水され下のラジエターに連結し冷えた冷却水を排水している感じです。ラジエターは最初はかなり空気が
溜まっているので、上下左右に振ってエアー抜きさせないとその部分に冷却水が循環しないので全く冷えてくれません。試運転中に振ってみるとわかりますが、面白いほどゴボゴボと空気が流れてきますよ。



冷却水は精製水とアンコロ(防蝕添加剤)と青くUV発光する添加剤を混ぜて作ってます。精製水はコンタクトレンズの洗浄に使ったりするもので、すぐ近くの薬局で500mlが98円とかで売ってます。私の水冷構成だと約1本半(750ml)くらい使いました。リザーバー以外の部位に約500mlが使われているみたいで、総量的には多い方なんでしょうかね。



室温と水温を計測してみましたが、アイドル時で室温18.5℃に対して水温20.2℃でした。思っていた温度だったので安心しました。因みに暖房入れて室温25℃にすると水温も26℃くらいに上昇します。わかっていたとは言え、水冷は直接室温に影響されるということが裏付けられた瞬間でした。

私は北海道在住なので、夏も冬も室温はほとんど変わらず約20~25℃を保っています。冬は暖房を常に微少にしていますし、夏場は暑い日でも外は30℃で屋内は25℃程度です。もちろん冬場は暖房を消せば外気温は氷点下-10℃なんて普通なので、OCを試すときは室温10℃以下という環境は黙っていればなります。部屋にいて鼻が凍るくらいですからね



こちらはEVERESTで測定したCPUとGPU温度の結果。アイドル時から3Dmark06を測定中から終わりまでを計測しています。GPU温度はGTXをOCしてますが、アイドル48度から負荷時は最高で64℃くらいまで上昇し、その後数分で元に戻っているのがわかります。CPUは3.6GhzにOCしており、アイドル時で30℃、負荷時は40℃くらいまで上昇しているようです。どちらもすぐ元の温度に戻っているので、冷却能力の高さがわかります。





参考までに3Dmark03と3Dmark06の測定結果を載せておきます。この構成だとCPUのスコアが低いのは仕方ないですし、トータルはこんなもんでしょうね。うちのGTXだと、この水冷環境でもこれ以上はOCできません。水冷の性能というよりも、OCモデルのGTXではないのでVGAの限界だと思います。G92系のOCモデルと比較してもあまり大差ないですね。

水冷を導入しての感想としては、まず静音化されたのは間違いないです。それとNBやSBを水冷にしたので前より安定すると思います。ただ、CPUとGPU温度はMACS MA-7131-IとTideWaterの時とあまり変化ないですね。室温はTideWaterの時と一緒だし、P5BDMonの神ツールというソフトで比較した結果ですが、正直CPUはペルチェの方がアイドル時は冷えていましたね。高負荷になると今回の水冷構成の方が冷却能力は高いと感じました。


ランキング参加してますので良かったらクリックしてね!
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

Re:
はじまして、通りすがりGさん。
電圧はBIOSで1.500vで、P5BDMon読みでは1.464vです。OC常用なのでEISTとC1Eは無効にしてます。
E6600を3.6Ghzで一年間ほど常用してますが、私の環境では安定動作してました。

そろそろE8500に変える予定でしたが、C2Dはもう辞めて、2月か3月予定のQ9450が出たらE6600は引退予定です。E6600は今までで一番よく頑張ってくれたCPUでしたね。
【2008/01/24 03:05】 URL | MURDER #- [ 編集]


こんばんわ。はじめまして。
P5B寺とE6600のOCで飛んできました。

OCの参考にさせていただきたいのですがBIOS上のCPUの電圧はいくつで設定しているのですか?
また、EISTなどの設定はどうなさってるのですか?

よろしければ教えてください。
【2008/01/23 20:54】 URL | 通りすがりG #su7LfdQk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://murder.blog15.fc2.com/tb.php/272-c9806e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
*Viewing
Top Page
Profile

MURDER

  • Author:MURDER

Calendar

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

All View
List Box

New Entries & Comment

RSS
Search

BlogRanking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。