FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームシアター

液晶テレビ、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、センタースピーカー、サブウーファーの全てが揃いホームシアターが完成しました。基本的にONKYOとBOSEがベースになっています。







AVアンプですが性能的に申し分ありませんね。
結局スピーカーはフロント、センター、サラウンド、サブウーファーの5.1chにしました。

TV、BDR、DVDデッキ、PC、iPODに接続していますが、3系統(TV、BDR、iPOD)はアンプと連動され操作性も抜群です。ONKYOの公式情報ではSONY製とは連動を公表していませんが、TVとBDR側で設定さえすれば普通に連動し、アンプのリモコン一つでほとんどの操作が手元で可能になります。

それよりアンプの発熱量が結構すごくて、急遽うちのAVボードの背板を引き回し鋸で切り抜きました。写真ではわかりませんが背面は綺麗に空洞になっています。これでかなり改善されたようできちんと放熱できているようです。欲を言えばもう少し天板とも余裕が欲しいところです。

この手のAVアンプは放熱がきちんとされていないと音質が劣化し、ノイズの発生はもちろんのこと耐久性も急激に落ちます。密閉されたラック等には決して収納したらダメですよ!

BDRは初めて使いましたが、試しに手持ちのDVD1層をHDDに最高画質で保存してみました。笑っちゃうほど遅いです・・・3時間くらいかかったと思います。こういう使い方を元々するものではないですが、メディアからの保存は二度としないと誓いました。

まぁ使用目的は地デジの録画とブルーレイの視聴なので全然OKです。
パナのDIGAと比較したらメニュー操作のレスポンスはサクサクですし、やっぱBDRはSONYで間違いないでしょう。特にL95は前面に接続端子が全て揃っているのが魅力です。

液晶テレビですが届いた日はやっぱ40インチはデカイと思いましたね。
不思議なもので今では慣れてしまい何とも感じなくなりました。

BRAVIA W1というモデルですが映りは一言でいうと鮮やかですね。
画質は入力元によって変わりますが、DVDやBDで映画を観ても綺麗ですし、地デジ放送も普通に綺麗だと思います。写真はBS放送を写したものですが、BRAVIAは赤が濃く鮮明なのが特徴です。

次に実際に映画を視聴した感想ですが、センタースピーカーはやっぱ必須ですね。声が前に来る感じで非常に聞き取りやすいです。あとサブウーファーはあるのと無いとでは迫力が全然違います。

当初はサラウンドバックを追加して7.1chを考えていましたが、実際に構築してみると5.1chで十分だと感じました。結局写真にもある101MMとSBのプリアウト接続でGX-70AXも考えていましたが、日の目を見ることなくそのまま押入れ行きになりました。

フロントとサラウンドは手持ちのBOSEを使っていますが、ホームシアターとして使うには音質的に適しているとは言えませんね。もう少し音に上品さが欲しいところですが、どうしてもズンドコ調になってしまいます。まぁBOSEの仕様なので仕方ありませんが、映画館のような迫力は十分にあるので良しとしましょう。

自分好みのホームシアターで映画を見るという、ちょっと贅沢な一時。
また一つ楽しみが増えた気がします。


記事を読んだ方はクリックしてね!
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://murder.blog15.fc2.com/tb.php/359-16f3a40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
*Viewing
Top Page
Profile

MURDER

  • Author:MURDER

Calendar

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

All View
List Box

New Entries & Comment

RSS
Search

BlogRanking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。