スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dynamic Disk (Raid0) to Basic Disk

HDD2台をICH8RでRaid0にしたボリュームを更にダイナミックディスクに変換させ、C:、D:、E:の3つのパーティションに分け、C:にはOSをインストール、後から未使用領域をD:とE:に拡張領域として割り当て、C:、D:、E:、D:、E:という構成にしていた。

Raid0(640GB+640GB=約1.2TB)
NewHDD 1.5TB

今回このRaid0のデータをパーティションは壊さず、そっくりそのまま新規HDD1台にコピーさせることに成功した。

市販ソフトの大半はハードウェアRAIDには対応しているが、ダイナミックディスクに変換すると対応しないものがほとんど。HD革命やNorton Ghostなど色々と試したがうちの構成ではやはり無理だった。

Raidを組んでいないHDDの全ボリュームをダイナミックディスクに変換したものなら、「Paragon Partition Manager 9.0 Professional」を使えばものの数秒でベーシックディスクに変換できる。ただRaid0のボリュームをダイナミックディスクに変換したものには対応しない。

この特殊な構成を難なくクリアした唯一のソフトが、「EASEUS Partition Master 4.1.1 Home Edition」というフリーソフトだった。

Raidにも対応し、ダイナミックディスクの全ボリュームを新規HDDにベーシックディスクとしてコピーしてくれる。しかもパーティションサイズを同時に変更も可能で、コピー完了後に一度シャットダウンさせ、コピー元のHDDを外してリブートすると自動的に起動ドライブに設定してくれる。

コピー精度は完璧。
新規HDDで以前の環境のまま問題なく使えてます。

Raid0のボリュームをダイナミックディスクに変換していた時点で、データ移行はほぼ不可能かなと思っていましたが、こんな簡単に移行させることができるとは驚きでした。

なぜ移行したのかというと、5インチベイがフルで空きを一つ作りたかったのと、Raid0にインストールしたXP環境をそっくりHDD1台にコピーしRaidを解除するためなんです。

というのもCFDの最新SSD128GBを入手したので、それにWindows7 x64をインストールして、XPと7を簡単に切り替えしたかったわけ。Raid0のままだと切り替えが面倒なのもある。

ブートローダーは使わずとも、単純にSATA電源にスイッチを付けてON/OFFすればOSを切り替えることができる。「裸族の二股」のような感じ。

Win7 x64環境が良かったら、ちょっと早いけどシステムの大幅な更新も考えようかと。このケースもそろそろ狭く感じてきたしフルタワー逝ってみようか。

そうなると水冷も一新せなあかんだろうし20万以上は覚悟してる。
てか金はあっても時間と余裕が無いのが痛い。


記事を読んだ方はクリックしてね!
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://murder.blog15.fc2.com/tb.php/463-7dea4ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
*Viewing
Top Page
Profile

MURDER

  • Author:MURDER

Calendar

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

All View
List Box

New Entries & Comment

RSS
Search

BlogRanking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。